花咲き山は花ざかり

あなたのやさしい心が花を咲かせます

花が咲くたび、人はみな幸せに・・・

どうしてけんかや争い事があるのでしょうか・・・
自分の事より、
相手の事を思う心がいっぱいあったら・・・

心の中をそっとみつめてごらん
やさしい心、いじわるな心
心の中もけんかしているよ

やさしい心がいっぱいあるといいね。

思いやりの心がふくらんで咲く花
花いっぱいの山を
世界中に咲かせましょう
 

おはなし

 “花咲き山”と呼ばれる村にハナという少女が住んでいました。でも、不幸なことに村が戦に巻き込まれたため、おじいさんと一緒に山を三つ超えた遠くの村に逃げることになりました。この物語は、その小さな旅の途中での出来事です。
 村を逃げたハナとおじいさんは、道中で傷付いた侍と出会います。先を急ぐ二人でしたが、見過ごすことができず、侍を助けてあげます。やがて傷の癒えた侍は敵陣にもぐり込み、貴重な食料を手に入れてハナたちにそっと・・・。三人の中に“お互いを思いやる心”が生まれていたのです。
 ところが、この三人の様子を最初からじっと観察していた者が二人いたのです。人間の世界を学ぶために、地上界に舞い降りた天使と悪魔です。天使は「人間は助け合って思いやりがある」と思いますが、悪魔は「そんなことはない。人間こそ傷つけ合い憎しみ合うのだ」と対立します。そして、悪魔は自分の主張を通すために、ハナたちにさまざまな悪巧みをしかけます。もちろん、天使も黙ってはいません。三人を励ましたり、悪魔の悪巧みを止めようとします。
 天使と悪魔が加わった旅の行く末は?最後は、思いもよらぬ結末が・・・。

 

作品紹介

 思いやりの心を伝えます

「花咲き山は花ざかり」は、「花さき山」「花咲か爺さん」をもとに創作された民話劇で、アップテンポのオリジナル曲を多く使っているため、民話というよりモダンな感じのするお芝居となっています。
また、明るいテンポでリズミカルに舞台は展開するものの、テーマである"思いやりの心"は失火rと伝わるよう演出しています。
 自己主張しないと損をすると思われがちな現代では、自己犠牲や我慢をすることを教えることは難しく、古い考え方と思われるかもしれません。良いことをしても、我慢をしても誰からも感謝されない。でも、「ありがとう」と言われなくても「見返り」がなくとも、心の中には愛に満ちた一輪の花が人知れずそっと咲きます。そんな花を世界中に咲かせたら素敵ではありませんか?そんな願いを込めてこの作品は生まれました。
 また、このお芝居では、天使と悪魔が登場しますが、人間の心の善悪が、天使と悪魔に姿を変え、心の葛藤を表現しています。悪の心を善に変えてしまう、人間の思いやりの心の強さを、今を生きる子どもたちへお届けします。

子どもと役者が一緒に歌い創りあげる芝居です

 お芝居の中では、子ども達と一緒に歌いハナを励ます場面があります。事前に歌のCDをお送りし、あらかじめ聞いたいただいています。ご覧になる前からお芝居が始まり、本番では一緒に歌うことで舞台と観客がひとつになり、さらに感動の空間が広がります。劇団虹っ子のオリジナル曲の数々、コミカルなダンス、美しい照明は、子どもたちの心をひきつけ飽きさせません。お芝居を楽しみながらお話の深いテーマがしっかり伝わります

登場人物

ハナ:主人公
爺:ハナのおじいさん
侍:敵方の手負いの侍
天使:落ちこぼれ天使
悪魔:落ちこぼれ悪魔
侍1・2
森の精・獣精・山の精

 

スタッフ

原案:「花さかじいさん」「花咲き山」
作:窪田圭志
脚色・構成:清水川嶺央
音楽:サスケ(作曲)青木寿(編曲)
舞台美術:東宝舞台

 

実施要項

上演時間 1時間20分(休憩なし)
対象 小学生から大人
会場条件 会館・ホール / 体育館(照明、音響機材は全て持込み)
準備 体育館:2~3時間 / ホール・会館:4~5時間
片付け 60~90分